楽天トラベルのお得なクーポンはここをタップ

神戸コンチェルトやクルージングの服装は?失敗しないための完全ガイド

神戸 コンチェルト クルージングディナー 服装

\ クーポン祭り開催中 /

【期間限定】 ~ 5/2(月)9:59

この記事はこんな人におすすめ
  • 神戸クルージングでの服装に悩んでいる
  • ドレスコードがあるならおすすめのコーデを知りたい

海風を感じながら、神戸の景色を満喫できる神戸クルージング

せっかくの機会だから、服装も完璧に決めて楽しみたいですよね!

はるか

でも、「どんな服装で行けばいいんだろう?ドレスコードってあるのかな?」と悩む方も多いのではないでしょうか?

結論を先に申し上げると、神戸クルージングでは服装に関するドレスコードはありません

ただし、そうは言ってもどんな服装で参加すれば良いのか悩む人も多いと思うので、本記事では「神戸クルージングで失敗しないためのシーン別おすすめコーデ」を解説します。

この記事を読めば、大切なあの人との神戸クルージングで恥をかかず、最高の思い出を作れますので、ぜひ最後までご覧ください。

はるか

神戸クルージングで乗れる豪華客船2種類の違いについては、以下の「ルミナス神戸2とコンチェルトの違い6つを徹底比較」をご覧ください。

\ 特別な思い出を作りたい人に選ばれています /

神戸クルーズ公式サイトはこちら

タップできる目次
スポンサーリンク

神戸クルージングの服装にドレスコードはない

神戸クルージングの服装にドレスコードはない

神戸クルージングと言えば、「神戸ルミナス2」や「コンチェルト」の豪華客船をイメージする人が多いかと思います。

結論を言うと、神戸クルージングでは、服装についてのドレスコードはありません

ひつじくん

けど、クルージングディナーとかならスーツとかタキシードじゃないとカッコ悪くない?ジーンズとかでもいいのかな?

はるか

ドレスコードは本当にありません。ただし、コーデに不安な人もいると思うので、次の章でシーン別のおすすめコーデを紹介しますね!

スポンサーリンク

神戸クルージングで失敗しないためのシーン別おすすめコーデ

神戸クルージングで失敗しないためのシーン別おすすめコーデ

神戸クルージングで服装のドレスコードはありませんが、ランチクルーズ、ディナークルーズ、特別な日のディナークルーズなど、参考にシーン別のおすすめコーデを紹介します。

ランチクルーズ・ティークルーズ:カジュアルスタイルがおすすめ

ランチクルーズ・ティークルーズは、一般的にディナークルーズよりもカジュアルな服装でOKです。

【男性】はシャツ、ポロシャツ、チノパン、ジーンズなど、カジュアルな服装がおすすめ。



【女性】はワンピース、パンツスタイル、スカートなど、動きやすく涼しい服装がおすすめ。



はるか

コーデ(服装)が決まったら、下記のボタンから神戸クルーズへ参加してみてはいかがでしょうか?

\ 特別な思い出を作りたい人に選ばれています /

神戸クルーズ公式サイトはこちら

トワイライトクルーズ・ディナークルーズ:セミフォーマルがスタイルがおすすめ

ディナークルーズは、カジュアルとフォーマルの中間の「セミフォーマル」な服装がおすすめです。

【男性】はジャケット、シャツ、スラックスなど、落ち着いた服装がおすすめです。



【女性】はワンピース、ツーピース、ロングスカートなど、上品で華やかな服装がおすすめ。



はるか

コーデ(服装)が決まったら、下記のボタンから神戸クルーズへ参加してみてはいかがでしょうか?

\ 特別な思い出を作りたい人に選ばれています /

神戸クルーズ公式サイトはこちら

特別な記念クルーズ:フォーマルスタイルがおすすめ

誕生日や記念日など、特別な日のディナークルーズには、「フォーマルな服装」がおすすめします。

【男性】はスーツ、タキシードなど、よりフォーマルな服装がおすすめ。


【女性】はドレス、ロングワンピースなど、より華やかな服装がおすすめ。



はるか

コーデ(服装)が決まったら、下記のボタンから神戸クルーズへ参加してみてはいかがでしょうか?

\ 特別な思い出を作りたい人に選ばれています /

神戸クルーズ公式サイトはこちら

スポンサーリンク

神戸クルージングで快適に過ごすためのポイント

神戸クルージングで快適に過ごすためのポイント

神戸クルージングを楽しむためには、服装を含め以下4つのポイントがあります。

歩きにくい靴やヒールは注意が必要

クルージング中は、船内やデッキなど、さまざまな場所を移動します。

とくにデッキは、滑りやすい素材で作られていることが多く、雨などで濡れている場合はさらに危険です。

そのため、滑りにくい靴を選ぶことが重要です。

ヒールやサンダルなど、歩きにくい靴は避け、女性はパンプスやデッキシューズ男性はスニーカーなどしっかりと足を支えてくれる靴を選びましょう。

スカートはタイトなものがおすすめ

神戸クルージングでは、船内やデッキを動き回ることも多いです。

タイトスカートなら動きやすく、ストレスを感じずにクルージングを楽しめます。

デッキで過ごすとき、ロングスカートやフレアスカートの場合、風でスカートがめくれて男性との会話に集中できなくなる可能性もあるので、スカートの丈には注意しましょう。


寒暖差対策は必須!羽織るものを持参しよう

神戸クルージングは、海風を感じながら美しい景色を楽しめる素晴らしいアクティビティです。

しかし、海の上は陸地よりも気温が低く、風が強いため、寒暖差が大きくなります

寒暖差が大きいと、体温調節がうまくできず、体調を崩す可能性が上がります。とくに風邪や頭痛、吐き気などの症状が現れることがあるので、寒暖差対策は必須です。

はるか

薄手の上着ストールが1枚あれば寒暖差対策になります。

充電式のカイロとかも寒暖差対策になるね!

船酔い対策を忘れない

神戸クルージングのような船に乗ったことがない人は、「船酔い対策」を忘れがちです。

船酔いは、三半規管の刺激によって引き起こされる乗り物酔いの一種です。船の揺れによって平衡感覚が失われ、吐き気や嘔吐などの症状が現れます。

しかし、事前に対策を講じることで、船酔いを予防したり、症状を軽減したりできます。

はるか

酔ってしまうと景色を楽しめなくなって、せっかくの神戸クルージングが台無しになっちゃうかも?以下の船酔い対策(乗船前・乗船後)をお忘れなく!

【乗船前】船酔い対策:①酔い止め薬を服用する(※一番おすすめ

乗船30分~1時間前に、自分に合った酔い止め薬を服用しましょう。薬の効果は個人差があるので、事前に試しておくことをおすすめします。

【乗船前】船酔い対策:②体調を整えておく

睡眠不足や疲労は船酔いを悪化させるので、クルージングの前日は十分な睡眠と休息を取っておきましょう。

【乗船前】船酔い対策:③軽食をとる

空腹や満腹は船酔いを招きやすいので、乗船前に軽食をとっておきましょう。消化の良いものを選ぶのがおすすめです。

はるか

クラッカー、ヨーグルト、バナナなどの軽食でOKです。

【乗船後】船酔い対策:①遠くの景色を見る

遠くの景色を見ることで、三半規管の混乱を軽減できます。

【乗船後】船酔い対策:②読書やスマホ操作を控える

読書やスマホ操作は、近距離に集中するため船酔いを悪化させる可能性があります。

写真を撮るとき以外はなるべくスマホを見ないようにしましょう。

【乗船後】船酔い対策:③揺れの少ない場所を選ぶ

船内でも揺れの少ない場所は、船首や船尾よりも中央付近です。また、できるだけ進行方向を向いて座りましょう。

はるか

快適に過ごすためのポイントが決まったら、下記のボタンから神戸クルーズへ参加してみてはいかがでしょうか?

\ 特別な思い出を作りたい人に選ばれています /

神戸クルーズ公式サイトはこちら

スポンサーリンク

よくある質問

よくある質問まとめ

神戸クルージングや服装について、よくある質問と回答をまとめました。

神戸クルージングで高校生はどんな服装がおすすめですか?ドレスコードはありますか?

高校生も大人と同じで、ドレスコードはありませんが、以下のような服装がおすすめです。

  • 昼間のクルージング:
    • トップス: 薄手のパーカーやカーディガン、Tシャツなど
    • ボトムス: ジーンズ、チノパン、スカートなど
    • 靴: スニーカー、ローファーなど
  • 夜間のクルージング:
    • トップス: 薄手のジャケット、パーカー、長袖カットソーなど
    • ボトムス: ジーンズ、チノパン、スカートなど
    • 靴: スニーカー、ローファー、パンプスなど

神戸ナイトクルーズのディナーのドレスコードはありますか?

どのクルーズプランでもドレスコードはありません。

ただし、ディナークルーズは夜の時間帯のため、セミフォーマルスタイルをおすすめします。

ルミナス神戸とコンチェルトの違いはなんですか?

違いは6つあります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

【まとめ】神戸コンチェルトやクルージングの服装について

【まとめ】神戸コンチェルトやクルージングの服装について

神戸コンチェルトやクルージングの服装でドレスコードはありません。参考までにクルーズごとのおすすめコーデは以下の通りです。

はるか

コーデ(服装)が決まったら、下記のボタンから神戸クルーズへ参加してみてはいかがでしょうか?

\ 特別な思い出を作りたい人に選ばれています /

神戸クルーズ公式サイトはこちら

スポンサーリンク
タップできる目次